感染遊戯

誉田哲也 著 感染遊戯 中編集です。主人公の姫川玲子はあまり登場せず、「勝俣健作」警部補。元刑事で、第三巻に登場した「倉田修二」。姫川班の所属していた「葉山則之」巡査長。が活躍します。 最後は、これら三人が登場する中編です。 裏表紙より 『会社…

インビジブルレイン

誉田哲也 著 インビジブルレイン 前巻とは異なり、大変面白いです。読みやすいです。一気に読めます。 姫川玲子シリーズの第四巻目です。これまでの中ではベストです。 裏表紙より 『姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。 暴力団同士の抗争も視野に入れ…

シンメトリー

誉田哲也 著 シンメトリー 姫川玲子シリーズの第三巻目です。この巻は短編集です。 読書後の手ごたえは、やはり少ないですね。 ✰✰✰ =================================================================== ================================================…

ソウルケイジ

誉田哲也 著 ソウルケイジ 前巻と同様に面白いです。読みやすいです。一気に読めます。 姫川玲子シリーズの第二巻目です。 裏表紙より 『多摩川土手に放置された車両から、血塗れの左手首が発見された。近くのガレージが血の海になっており、手首は工務店の…

ストロベリーナイト

誉田哲也 著 ストロベリーナイト 面白いです。読みやすいです。一気に読めます。 シリーズの第一巻目です。 裏表紙より 『溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補「姫川玲子」は、これが単独…

このキスを忘れない

シャノン・マッケナ 著 このキスを忘れない この前に読んだマクラウド兄弟シリーズ (The Mccloud Brothers Series) の第七作目になります。 この巻は、更に長く、948頁あります。フーゥ長い。 原題は ”Fade to Midnight" です。 裏表紙より 『「エディ・パリ…

朝まではこのままで

シャノン・マッケナ 著 朝まではこのままで 文庫本ですが、やたらと長い小説です。800頁を超えています。 本書は、マクラウド兄弟シリーズ (The Mccloud Brothers Series) の第八作目になります。 原題は”Blood and Tire" です。 裏表紙より 『「リリーパー…

アンカー(スクープシリーズ -4-)

今野 敏 著 アンカー スクープ・シリーズの第四巻目です。 以前読んだ、シリーズと同じ感想です。 主人公は、TBNテレビ報道局の看板番組『ニュース・イレブン』の遊軍記者「布施京一」、と警視庁捜査一課「黒田裕介部長刑事」の二人である。 布施はこれま…

女神に愛のレッスンを 

ドナ・マックミーンズ 著 女神に愛のレッスンを 原題は”The Education of Mrs. Brimley" です。 裏表紙より 『1876年、英国。強欲なおじに無理やり結婚させられそうになり、逃げだした「エマ・プリムリー」はヨークシャーの花嫁学校の教師になった。募集要項…

翡翠の迷路

バーバラ・フリーシー 著 翡翠の迷路 筋書きが、Arcne Society とよく似ています。 原題は、”Golden Lies" です。 裏表紙より 『警備会社を経営する「ライリー・マカリスター」の祖母の家で見つかったドラゴン像をサンフランシスコでも老舗のアンティック・…

覚悟の紅(御広敷用人 大奥記録 -12-)

上田秀人 著 覚悟の紅(御広敷用人 大奥記録 -12-) 裏表紙より 『嫡男の「長福丸」が毒を盛られたことに激怒した八代将軍「吉宗」は、背後で糸を引いた「天英院」に対し苛烈な処断に臨む。 御広敷用人の「水城聡四郎」は、吉宗の指示で大奥の刷新を始める…

潮騒はるか

葉室 麟 著 潮騒はるか 「菜摘」は筑前博多で針灸医をしていた。一年前に、弟「渡辺誠之助」、眼科医稲葉照庵の娘「千沙」とともに、長崎で蘭学を学んでいる夫「佐久良亮」のもとにやってきた。 菜摘は長崎の景色を楽しみながら、長崎奉行所へ向かう。針灸道…

公爵の危険な情事

ロレイン・ヒース 著 公爵の危険な情事 原題は、”A Duke of Her Own" です。 The Rogues & Roses シリーズの第一巻目です。 面白いです。 裏表紙より 『1888年。伯爵家の令嬢「ルイザ・ウェントワース」は未婚女性の付添役として働く決心をした。年齢は26…

午後の恋人

平岩弓枝 著 午後の恋人 初出は、新聞連載で、昭和53年から。単行本は昭和54年4月です。 大変面白かったです。 裏表紙より 『ある日突然、夫「佐伯信吉」から ”愛人に子供が生まれるから別れてくれ” と離婚宣言を受けた「明子」。結婚して二十年、子供…

書店ガール -6-「遅れてきた客」

碧野 圭 著 書店ガール -6-「遅れてきた客」 シリーズの第六冊目です。 「宮崎彩加」が取手の駅中書店の店長になってから一年半、ようやく仕事が軌道に乗り始めたとかんじていたところ、本社から突然の閉店を告げられる。 編集者「小幡伸光」は担当作品『…

あの子が結婚するなんて

五十嵐貴久 著 あの子が結婚するなんて 今は休刊している、「月刊J-novel」2015年12月号~2016年8月号に連載されていました。この雑誌でも読んでいますので、再読です。 面白いと思いました。 「西岡奈々未」は、三十二歳の独身女。 中学の同級生「小松美宇…

ミッドナイト・クリスタル

ジェイン・キャッスル 著 ミッドナイト・クリスタル 原題は、”Midnight Crystal" です。 Arcne Society シリーズの第九巻目です。 the Dreamlight Trilogy として、第三巻目になります。 面白いです。 因縁のあるランプが主題です。はるかな未来が舞台です。…

虹色のランプの伝説

アマンダ・クイック 著 虹色のランプの伝説 原題は、”Burning Lamp" です。 Arcne Society シリーズの第八巻目です。 the Dreamlight Trilogy として、第二巻目になります。 面白いです。 因縁のあるランプが主題です。ビクトリア女王朝後期のロンドンが舞台…

諏訪内晶子 & ボリス・ベレゾフスキー リサイタル

アンコール : マスネ タイスの瞑想局 ウォーロック カプリオール組曲よりBasse-Dance ホイベルガー(クライスラー編)「オペラ舞踏会」より真夜中の鐘 クライスラー シンコペーション ドヴォルザーク(クライスラー編) 我が母の教えたまいし歌 大変いい演…

夢を焦がす炎

ジェイン・アン・クレンツ 著 夢を焦がす炎 原題は、”Fired Up" です。 Arcne Society シリーズの第七巻目です。 the Dreamlight Trilogy として、第一巻目になります。 面白いです。 因縁のあるランプが主題です。シアトルが、主としたる場面です。 裏表紙…

ハーゲン弦楽四重奏団

アンコール : Haydon 弦楽四重奏曲 第78番 変ロ長調 「日の出」Op76-4 第3楽章 メヌエット 大変すばらしい演奏会でした。これまでハーゲンSQをかなり聴いてきましたが、今日はこれまでで最高だったと思います。現時点で世界一のSQではないでしょうか。 ア…

ダイナマイト・レディ

ジェイン・アン・クレンツ 著 ダイナマイト・レディ 原題は、”Lady's Choice" です。 面白いです。 裏表紙より 『赤毛の美女「ジュリアーナ・グランド」はついに運命の人と出会った。 相手はコンサルタント会社を営む「トラヴィス・ソーヤー」。セクシーでど…

禁じられた秘薬を求めて

アマンダ・クイック 著 禁じられた秘薬を求めて 原題は、”The Perfect Poison" です。 Arcne Society シリーズの第六巻目です。 Arcne Society シリーズのヒストリカルでは、三巻目になります。 面白いです。 時代設定は、ビィクトリア女王朝後期です。 裏表…

楽園に響くソプラノ

ジェイン・アン・クレンツ 著 楽園に響くソプラノ 原題は、”Running Hot" です。 Arcne Society シリーズの第五巻目です。 大変面白いです。このシリーズはいいですね。 時代設定は、現代です。主な舞台はハワイ、マウイ島です。 裏表紙より 『超能力を研究…

オーロラ・ストーンに誘われて

アマンダ・クイック 著 オーロラ・ストーンに誘われて 原題は、”The Third Circle" です。 Arcne Society シリーズの第四巻目です。 大変面白いです。 時代設定は、ヴィクトリア女王朝後期です。 裏表紙より 『超能力を研究する組織「アーケイン・ソサエティ…

約束のルビーは闇に輝く

アマンダ・クイック 著 約束のルビーは闇に輝く 原題は、”Otherwise Engaged" です。 大変面白いです。 時代設定は、おそらくヴィクトリア女王朝後期です。 裏表紙より 『世界中を旅して、旅行記を発表している「アミティ・ドンカスター」は、イギリスへ帰る…

因果(百万石の留守居役ー9ー)

上田秀人 著 因果(百万石の留守居役ー9ー) 著者は、6か月ごとにこのシリーズを発刊しています。著者のシリーズの中では、本シリーズが一番面白いですが、どのシリーズも同じような展開です。 裏表紙より 『加賀藩主「前田綱紀」は参勤交代で金沢に戻る途…

アルディッティ弦楽四重奏団

サイモン・ラトルが書いています。 『アルディッティ弦楽四重奏団は20年も前から、日本で言うところの「人間国宝」であり、現代音楽での偉業は他を圧倒している。音楽好きなら彼らを聞き逃すことなどありえない。』 客席は空席が目立ちました。 私も、日頃…

消せない想い

ジェイン・アン・クレンツ 著 消せない想い 原題は、”Sizzle and Burn" です。 Arcne Society シリーズの第三巻目です。 大変面白いです。 時代設定は、現代です。携帯電話が出てきます。舞台はワシントン州です。 裏表紙より 『近隣の街を震えあがらせた連…

雇われた婚約者

アマンダ・クイック 著 雇われた婚約者 原題は、”The Paid Conpanion" です。面白いです。 裏表紙より 『19世紀前半、26歳の美女「エリノーラ・ロッジ」は、継父が投資に失敗したあげく急死したため、債権者に財産を奪われてしまった。 やむなくロンドンで職…