読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱く女

桐野夏生 著 抱く女

 

 1972年9月から四ヶ月間の話です。

「三浦直子」は大学三年生である。授業の出たのは数えるほどしかない。毎日を無為に過ごすことに力を注いでいる。吉祥寺の雀荘に行く。麻雀をしながら横にガールフレンドを侍らせている「中本祐司」が、『直子、タカシがCOOLで待ってるって』と教えてくれる。COOLはジャズ喫茶である。

 あさま山荘事件が起き、鉄パイプで殺し合いをするように学生運動は過激になった時代に、女性として自分の居場所を探し求めていた主人公は、著者自身の様だ。

 

 私はあまり共感できない。

 

 

 

====================================================================

====================================================================