読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不埒な公爵と恋の賭けを

エマ・ワイルズ 著 不埒な公爵と恋の賭けを

 

 大変面白かったです。

原題は、”An Indecent Proposition" です。

 

 裏表紙より

 『1812年、ロンドン社交界はとある賭けの噂でもちきりだった。

 有名な放蕩者でその対象的な容姿から、”悪魔の公爵” ”天使の伯爵” と呼ばれる「ニコラス・マニング・ローセイ公爵」と「デレク・ドレイク・マンダーヴィル伯爵」が、どちらが魅力的な恋人で、女性を悦ばせることができるかという賭けをすると公表されたのだ。

 賭けの結果もさることながら、問題は誰が審判をつとめるかということ。騒ぎの中、匿名で応募してきたのは、意外にも ”冷たい美女” と評判の、若く美しい子爵未亡人「キャロライン・ウィン」だった。

 初めは冗談半分だった賭けだが、ニコラスはキャロラインの姿をみたとたん、胸がざわめくのを感じる。そしてデレク、キャロラインには、この賭けに参加したそれぞれの理由があった。

 思惑を胸に秘めながらキャロラインはまずニコラスと一週間を共にすることになるがーーーーーーー。』

   

 

 

 

✰✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================