読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

典雅の闇 (御広敷用人 大奥記録-9-)

上田秀人 著 典雅の闇 (御広敷用人 大奥記録-9-)

 

 御広敷用人 大奥記録の第九巻目です。この作家、一度書いた事を何度も何度も繰り返し書く傾向があります。本書もそういう部分を除去すると三分の一以下になると思います。筋書きはそこそこ、でも内容は薄い。

 裏表紙より

 『御広敷用人「水城聡四郎」は、竹姫を御台所にと望む吉宗の命で京へ向かう。しかし、そこで聡四郎たちを待っていたのは、新たな刺客だった。----

 今日を舞台に繰り広げられる公家たちや所司代との情報戦。そして、京の闇から現れた手練れの刺客との闘い。-----』

 

 

 

✰✰✰

==================================================================

==================================================================