スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子

富樫 倫太郎 著 スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子

 

 面白かった。

 

 「淵神律子」は、捜査一課強行犯捜査第四係に所属する巡査部長、同じく「元岡繁之」巡査長は、ベガと呼ばれる連続殺人犯を必死に追跡していた。その過程で、元岡は、犯人に車椅子の必要な体になり、律子は、腹を刺され。顔を切られる。頬の傷跡から、「スカーフェイス」と呼ばれている。

 それから三年後、律子は二十九歳、「町田景子」三十一歳と西太子堂駅近くのマンションで、共同生活をしている。景子は、律子が怪我をし入院していた病院の看護婦であった。

 景子は、律子のアルコール依存を心配している。

 

 通り魔事件が起る。律子は犯人を捕らえる。その時、相棒の「鳥谷」四十歳のベテランが、通り魔に襲われ負傷する。律子は、犯人逮捕の際、犯人を手を骨折する傷を負わせる。過剰防衛すれすれだ。今年で既に三件目である。

 

 「藤平 保」警部が配属される。二十代半ばのキャリアである。律子が相棒として指名される。

 

 律子は、通り魔を取り押さえるが、その際の過剰防衛が元で、特捜第三係に異動となる。-----

 

 

 

✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================

 

 

 

マル暴甘糟(-1-) / マル暴総監(-2-)

今野 敏 著 マル暴甘糟(-1-) / マル暴総監(-2-)

 

 面白かった。

 

 「甘糟達夫」は、三十五歳の巡査部長だ。

 日田綾瀬署の刑事組織犯罪対策課に所属している。いわゆるマル暴刑事だ。身長は人並み、体格もよくない。童心で若く見られるマル暴らしくない。

 相棒は、いかにもマル暴らしい「群原虎蔵」である。

 甘糟は、『僕のこと、なめないでよね。』が口ぐせである。

 

 ある夜、多嘉原連合の構成員が撲殺されるという知らせが入る。臨場すると「東山」という構成員だった。

 群原は、  多嘉原連合の事務所へ行き、甘糟は、東山の兄貴分である「アキラ」に張り付くよう、群原に命じられる。

 甘糟は、駅南側のキャバクラにいた。アキラに甘糟は聞いた。『抗争がないか?』

アキラは、何のことか判らなかった。そこへアキラに電話が架かってきて、『あんたは知っていたな?』と言われ、アキラに引っ張られ組事務所に連れてゆかれる。-----

 

 

 

✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================

 

 

 

 

ルーキー  見えざる貌(刑事の挑戦・一之瀬拓真 [1] ~ [2])

堂場 瞬一 著 ルーキー /  見えざる貌(刑事の挑戦・一之瀬拓真 [1] ~ [2])

 

 この著者の小説にしては、ゆったりと話が流れていきます。その為、やや読みづらい。

 

 「一之瀬拓真」は、交番勤務から、千代田署の刑事課に配属された。25歳だ。

千代田署管内の居住人口はほぼゼロである。対象は、官公庁と企業、それに飲食店、そして観光客となる。

 一ノ瀬の指導担当は「藤島一成」である。

 一ノ瀬が、赴任した日の夜歓迎会があった。帰宅した早々、藤島から電話があった。

『殺しだ。すぐ出て来い。』  

 さっきまで呑んでいたあたりだ。

 

 この様に、ルーキー刑事の活躍が始まる。

 

 二巻目は、一年が経過している。皇居の周りを走る女性ランナーが襲われる事件が、立て続けに起こる。----

 

 

 

✰✰✰

===================================================================

===================================================================

 

 

 

』  

空席(隠蔽捜査外伝)

今野 敏 著 空席(隠蔽捜査外伝)

 

 小説新潮 2019年9月号です。

 とっても面白かったです。私は、この作者のシリーズ中、この隠蔽捜査シリーズがもっと好きです。

 小説新潮 2019年8月号で終了した「清明」 隠蔽捜査 に続いて、外伝が掲載されました。

 

 署長の「竜崎伸也」が、大森署長から、神奈川県警刑事部長に異動になった。後任の署長の着任が遅れている。北海道からの引っ越しに手間取っているらしい。

 ひったくり事件が品川署管内で二件起こる。

 第二方面本部「野間崎」管理官から電話があり、品川近隣の警察署にも緊急配備するよう指示があった。------

 

 戸高が活躍する。新任の署長も最後に登場する。

 

 新任署長は「藍本百合子」というキャリアで、[貝沼」副署長以下が唖然とするほどの美貌の持ち主だった。

 

 この新署長で、新しいシリーズが出るのかな?


  


 
☆☆☆☆☆
================================================================
================================================================
 
 
 

青山に在り

篠 綾子 著 青山に在り

 

 大変面白いです。葉室 麟 風の小説です。

 

 1851年夏、旗本「小野」氏の用人「宗方玄蕃」と「立川孝太郎」は、主命で所領に行き、その帰り道で、騒擾に出会う。素通り出来ないと立ち寄った際、宗方は、農民「兵助」の刃に倒れてしまう。宗方は、病気で亡くなったこととし、家督は継がれる。その農民兵助は、自殺をはかり、妻子は川に身を投げる。

 

 1863年川越城下 にある、国家老「小河原左宮」の息子「左京」は屋敷で素振りをしていた。左京はこの年、十三歳であった。

 小河原の家督は、左宮の弟「将佐政美」が継ぐことになっている。佐宮に長く子が出来なかったため、その養嗣子となっていた。

 右京は、学問に於いても、剣術でも、抜きんでたものを持っていた。

 

 右京は、中間を連れて、鶴間村にある、立川道場を訪ねた。そこで、自分にそっくりな「時蔵」と出逢う。農民の子どもである。

 右京と時蔵は、立川の許しを得て、道場で立ち会う。引き分けであった。

 その後二人は友人となり、右京は時蔵の家を訪れる。時蔵の母「みつ」とみつの姪「お通」と出会う。ーーーーー


  


 
☆☆☆☆☆
================================================================
================================================================
 
 
 

 

オルガンフェスティバル「オルガンの未来へ」 ガラ・コンサート

f:id:threeDEW:20190831221730j:plain

f:id:threeDEW:20190831221810j:plain


f:id:threeDEW:20190831221830j:plain

 

 29日、30日、31日 と3日間は、オルガンフェステェバルとしていろんな催し物が開催されました。展示されていたオルガン右側の価格は、個人の自宅用で、1,000万はしないとのことです。

 今日の午後は、関西出身若手オルガニストの競演です。

 

 午前中はテニスをして、午後の音楽会は眠くなりますね。前半の後半困りました。

 

 やはり、富田一樹は断トツに上手いです。

BWV639は、最も好きな曲です。良かったです。

 

 日頃は、オルガンといえばBACHですが他の作曲家も聴く事が出来ました。

 

 

 

✰✰✰

===================================================================

===================================================================

 

 

 

 

 

 

バッハ・オルガン作品全曲演奏会 アンコール企画 Vol.1 アルヴィート・ガスト

f:id:threeDEW:20190829232454j:plain

アンコール : メンデルスゾーン オルガンソナタ第3番 Op.65-3より 第2の楽章

 

 半年ぶりに、いずみホールに来ました。今日は空席多かったです。半分ぐらい。

演奏の印象は、普通でした。変な言い方かな。

 

 

 

✰✰✰

===================================================================

===================================================================