読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公爵家の相続人

ジョーン・ジョンストン 著 公爵家の相続人

 

 原題は、”The Inheriyance" です。

 

 本書は、面白いです。

 

 裏表紙より

 『公爵の夫が亡くなった「デイジー(マーガレット)・ウインダミア」は、屋敷や領地を管理するために苦戦していた。

 そこに、新しく公爵になった「ニコラス・ウインダミア(キャロウェイ)」第八代セァーン公爵が米国からやってくた。米国で賞金稼ぎだった彼は、公爵にふさわしくないほど野蛮きわまりない男に見える。言葉遣いさえ、貴族とは思えない粗野なものだ。

 ニコラスが英国にやってきた目的はただひとつ、公爵家保有する資産をすべて売り払い、手にした金を米国に持ち帰ることだった。

 だが、そんなことをされれば、領地に住むすべてのものたちが路頭にまやってしまう。困ったデイジーが考えたのはーーーーー。』

  

 訳者あとがきより

 『筆者は、米国の中西部が舞台のロマンスを得意とする作家です。米国でのベストセラー作家です。

 ”期限つきの結婚” 、”一年だけの花嫁” 、”ガラスの心” 等が邦訳されています。』

 

 

 

  

✰✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================