読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮面の伯爵とワルツを

ロン・シャロン 著 仮面の伯爵とワルツを

 

 原題は、”Once a Rake" です。

 

 裏表紙より

 『19世紀ロンドン。子爵の妹である15歳の「イザベル(イジー)・ジェーン・オーブリー」は、兄の親友で一回り年上の「アシュビー伯、パリス・ニコラス・ランカスター」に思いを寄せている。陸軍大佐にして伯爵で、男らしい容貌も相まって言い寄る女性が後をたたないアシュビーだったが、彼もまたイザベルに対して特別な感情を抱いていた。しかし年の差を気にして別の女性に求婚する。

 七年後。戦争で兄をなくしたイザベルは、同じように愛する者たちを失った人々を救済する慈善団体を立ち上げた。資金繰りに悩み、思いきってアシュビーを訪ねるものの、戦地で顔に傷を負って以来、彼は屋敷に引きこもって誰にも会わなくなっていた。なんとか対面を果たしても、マスクで顔をかくし終始つれない彼の態度に意気消沈したイザベルだったがーーーーーーー。』

   

 

 

 

✰✰✰

===================================================================

===================================================================