読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花を呑む(弥生シリーズ -7ー)

あさのあつこ 著 花を呑む(弥生シリーズ -7ー)

 

 面白かったです。このシリーズの第一~二巻目ほどの緊張感はありませんが。

このシリーズの特徴である、一つの現象、動作、感情を、幾重にも違う言葉、漢字で表現すのは、続いています。

 小間物問屋「遠野屋清之介」、同心「木暮信次郎」、その岡っ引き「伊佐治」が繰り広げる世界です。

 「お常」という悪女が再登場しますが、以前はどの巻で出ていたのでしょね。覚えていません。

 
 
 
 
☆☆☆☆☆
================================================================
================================================================