読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおなり道場始末

葉室 麟 著 あおなり道場始末

 

 これまでの葉室の小説とは違って、軽妙な青春物となっています。

 

 九州、豊後、坪内藩の城下町に神妙活殺流の道場があつた。道場主は「青鳴一兵衛」といったが、去年の五月に亡くなり、まもなく一周忌を迎える。

 道場は長男の青鳴権平が継いだが、年がまだ二十歳と若く、しかも眉が糸のように細い目で鼻も低い下膨れの顔は青黒い。背も低く、日ごろ、ぼんやりとしてーーーーーー

 

 

 

☆☆☆

===================================================================

===================================================================