読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町奉行内与力奮闘記(3)ー権益の浸ー

上田秀人 著 町奉行内与力奮闘記(3)ー権益の浸ー

 

 相変わらず、一度出てきた事を何度も繰り返し書く所はありますが、まずまず面白いです。電子版で購入。一つ前の巻から連続して読む。

 

 「曲淵甲斐守景漸」の内与力「城見 享」は、吉原から連絡を受け、富くじ一千両当選者殺しの犯人を隠密廻り同心「早坂甚左」とともに捕える。その帰路で、寺社奉行配下で小検使の「江坂」と「伊藤」に襲われるが退ける。しかし、早坂は二人を逃がしてやる。

 奉行の曲淵甲斐守は、これを聞き早坂の独断(寺社奉行家臣の二人を見逃し、寺社奉行に恩を売った)を叱り、左遷してしまう。

 一方、城見の後を追って、大坂から出てきている大坂西町奉行所同心「西二之介」の娘「咲江」は、母方の大叔父「播磨屋伊右衛門」宅に寄宿していた。------

 

 

 

☆☆☆

===================================================================

===================================================================