読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呪詛の文(御広敷用人大奥記録-11-)

上田秀人 著 呪詛の文(御広敷用人大奥記録-11-)

 

 半年ごとに刊行される、著者の文庫本作品シリーズのなかで、『広敷用人大奥記録』シリーズは、『百万石の留守居役』シリーズの次にくる作品です。『広敷用人大奥記録』シリーズの主人公「水城聡四郎」は『勘定吟味役異聞』シリーズからの主役です。

 しかし例によって繰り返し書かれたことが多いです。

 

 八代将軍「吉宗」の世子「長福丸」が毒を盛られて倒れる。吉宗の命を受けて西の丸へ赴く聡四郎は「天英院」の仕業と気付く。一方、「竹姫」が長福丸の病気癒祈願で寺社を参詣することになった。聡四郎は、この警護を差配する。-----

 

 

 

 

✰✰✰

==================================================================

==================================================================