読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竜の子爵と恋のたくらみ

サブリナ・ジェフリーズ 著 竜の子爵と恋のたくらみ(背徳の貴公子-2- )

 

 原題は、”To Pleasure a Prince" です。背徳の貴公子シリーズの第二巻目です。

 裏表紙より

 『「公爵令嬢レジーナ・トレメイン」は、兄と友人「ルイーザ・ノース」の交際を認めてもらうために「ドエイカー子爵」の屋敷を訪ねた。ルイーザの兄である子爵はその粗野な風貌から「ドラゴン子爵」とあだ名され、領地で隠遁生活を送っているという。そして、どういうわけかレジーナの兄を毛嫌いしているらしい。面会を断られたレジーナは子爵の書斎に押しかけ、兄とルイーザを子爵の監視下で一ヶ月間交際させてみることを提案した。さんざん渋った末、子爵は低く轟くような声で言い放った。『わかった、要求をのもう-------そのかわり、僕もあんたと交際させてもらう』』

 

 

 

 

 

✰✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================