読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずら大名

畠中 恵 著 うずら大名

 

 「高田吉之助」は、東豊島村の名主である。次兄が養子に言った後、後を取っていた長兄が身まかった為、三男の「吉也」が家を継いで、先祖からの名を受け継いだ。その吉之助が、村組頭の「六郎」と江戸は神田に向かっている時の事だ。辻斬りのに襲われた。その時『御吉兆ーーっ』と鳴いた鶉と共に現れた侍に救われた。その侍は、不動下道場で同門だった「有月」と「左源太」であった。

 有月は、高田吉之助を探していた。有月は吉之助に、『手元不如意なので金を借りたい』と言う。有月は多々良木藩の藩主になり、隠居となっていた。左源太はその家臣である。

 こうして吉之助は、事あるごとに、有月に呼び出され、中屋敷に行くようになり、難儀を押し付けられるようになる。

 

 読書感は普通です。

 

 

 

✰✰✰

===================================================================

===================================================================