読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求婚の極意

サブリナ・ジェフリーズ 著 求婚の極意

 

 原題は、”How to Woo a Reluctant Lady" です。Hellions of Halstead Hall” シリーズの第3作です。

 1823年、放蕩者として有名な「ストーンヴィル侯爵オリバー・シャープ」とその兄弟姉妹 五名は、祖母「ヘティ」から一年にそれぞれ、結婚しないなら財政的支援を打ち切ると告げられる。こうして五名の結婚話が ”Hellions of Halstead Hall” シリーズとして始まる。

 第1作では、長男「ストーンヴィル侯爵 オリバー・シャープ」が、「マリア・バターフィィルド」というアメリカの資産家の娘と結婚する話でした。第2作は、ストーンヴィル侯爵家の次男「ジャレット・シャープ」と「アナベル・レイク」というエール造りを行なう地方旧家の令嬢の結婚である。本書、第3作は、ストーンヴィル侯爵家の長女「ミネルバ・シャープ」の結婚話である。

 裏表紙より

 『ミネルバは、ゴシック小説家として生きる自由を満喫するために生涯毒独身を貫く決意だった。しかし祖母「ヘティ」は結婚を強要してくる。ミネルバは自身の小説が掲載されている雑誌に花婿募集の広告を出して祖母を怒らせ条件を撤回させようと計画する。しかしミネルバの兄弟オリバーやジャレットが応募者を追い帰し、ミネルバの前に現れたのは「ジャイルズ・マスターズ」ただ一人だった。幼い日に恋に落ちた相手。だけど十九の時にてひどくふられて以来許せない男であった。-----』

 本書は前作と違い、大変面白かったです。

 

 

 

 

✰✰✰✰✰

==================================================================

==================================================================