読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストーンヴィル侯爵の真実

サブリナ・ジェフリーズ 著 ストーンヴィル侯爵の真実

 

 原題は、”The Truth about Load Stoneville" です。ほとんどのリージェンシー物が怪しげな邦題になっているのに、珍しく邦題と原題が一致しています。”Hellions of Halstead Hall” シリーズの第1作です。HalsteadHall は、ストーンヴィル侯爵が代々居住している屋敷です。

 1823年、放蕩者として有名な「ストーンヴィル侯爵オリバー・シャープ」とその兄弟姉妹 五名は、祖母「ヘティ」から一年にそれぞれ、結婚しないなら財政的支援を打ち切ると告げられる。こうして五名の結婚話が ”Hellions of Halstead Hall” シリーズとして始まる。

 裏表紙より

 『オリバーは自分の享楽的な生活ならあきらめられるが、四人の弟や妹を路頭に迷わすことはできない。しかしオリバーが享楽にふけるようになったのも、ヘティが孫の結婚を強く望むのも、どちらも過去の悲しい事件に端を発していた。』

 折よく、オリバーの前に婚約者として祖母を騙せる女性が現れる。「マリア・バターフィィルド」というアメリカの資産家の娘であつた。

 

 これまで読んだリージェンシー物はすべて女流作家の作品であった。男性作家はいないのかな。また筋書きはほとんど決まっていて、貴族と平民の恋愛で、むりやりキッスをするが、女性は拒絶しないストーリーである。本書もその通り。

 私は大変面白く読みましたが、一般受けはしないでしょうね。一頁あたり646文字で、566頁です。読み応えもあります。

 

 

 

✰✰✰✰✰

==================================================================

==================================================================