読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家老脱藩(榎戸与一郎 -3-)

羽田雄平 著 家老脱藩 与一郎、江戸を行く (榎戸与一郎 -3-)

 

 本書も面白いです。前巻の様な事はありません。テンポが良いです。

 

 裏表紙より

 『「榎戸与一郎」は藩命を受け、側室の選定の為、江戸へ向かった。家老を継いで五年、藩主側室だった姉が逝き、弟は他家へ養子に出て、隠居した父は病床に伏している。鬱々とした日々の中、与一郎は酒毒に侵されていた。図らずも敵討ちの標的としてつけ狙われる。側室候補との面談の席で、与一郎は酩酊し、意識を失う。駕籠で帰るとき、また何者かに襲われる。治療も兼ねて町屋に潜伏するが、-----』

 

 

 

 

✰✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================