読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新任家老 与一郎 (榎戸与一郎 -2-)

羽田雄平 著 新任家老 与一郎 (榎戸与一郎 -2-)

 

 峠越え(榎戸与一郎 -1-)に引き続き読みました。本書も面白いですが、一部やや煩わしい所あります。物語の背景説明があまりに詳しすぎて筋道からはずれ緩んでしまう。

 裏表紙より

 『26歳の新任家老「榎戸与一郎」になって十ヶ月、いまだお家騒動の火は消えておらず、藩政改革も急務であった。そんな折、藩の木材刈り出しに絡んで奇妙な事件が勃発する。公儀隠密と謎の忍者集団、そして与一郎、目付集団がそれに係わっていく。』

 

 

 

 

✰✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================