読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

峠越え(榎戸与一郎 -1-)

羽田雄平 著 峠越え(榎戸与一郎 -1-)

 

 再読です。文庫本を購入していました。大好きなシリーズです。

 裏表紙より

 『北関東の小藩で、新藩主・石見守の国入りが迫っていた。前藩主の養子である新藩主は、国入り前から切れ者と評判が高く、若い藩主たちの期待を集めるが、筆頭家老の嫡男「榎戸与一郎」の立場は微妙だった。父をはじめ従来のしきたりを重んじる家老たちが、石見守との確執を深めていたのだ。与一郎は父に反目しつつ、いつしか藩の存亡を左右する暗闘に巻き込まれていく。』

 

 

 

✰✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================