読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン・バロック・ゾリステン with 神尾真由子

 

f:id:threeDEW:20150918105726j:plain

アンコール : Vivaldi 四季「冬」第二楽章

       J・S・Bach BWV.1060 第三楽章

 

 神尾真由子のヴァイオリンを楽しみにしてゆきましたが、不完全燃焼です。

まず、BWV1043 では、2nd Viollin を弾いていました。神尾真由子に 2nd を弾かす意味があるのでしょうか。彼女もすごく抑えて弾いていました。もっとも、1st を弾いた、ダニエル・ゲーテ、それから伴奏の Viollin 奏者は、バロック弓を使用していましたので、それに合わせていたのだと思います。

BWV1060 でも、同じ様な印象でした。

 ベルリン・バロック・ゾリステンは、Cello、Bass、は全くベルリン・フィルの音です。どっしりとして朗々と響く低音です。

 演奏全体として、古楽器演奏としては、なにか中途半端な感じです。

 

[追記] 安い客席はそうでもなかったですが、空席が目立ちました。何故ですかね。

   神尾真由子でも、Bach が中心のプログラムでは、人気がないのでしょうか。

[蛇足] 神尾真由子さん出産を経て、胸がとっても大きくなっていました。

 

[ 追記] ぶらあぼ 2月号より

f:id:threeDEW:20160227214850j:plain

f:id:threeDEW:20160227214929j:plain

 

 

 

 

 ✰✰✰✰

===================================================================

===================================================================