ミッドナイト・クリスタル

ジェイン・キャッスル 著 ミッドナイト・クリスタル 原題は、”Midnight Crystal" です。 Arcne Society シリーズの第九巻目です。 the Dreamlight Trilogy として、第三巻目になります。 面白いです。 因縁のあるランプが主題です。はるかな未来が舞台です。…

虹色のランプの伝説

アマンダ・クイック 著 虹色のランプの伝説 原題は、”Burning Lamp" です。 Arcne Society シリーズの第八巻目です。 the Dreamlight Trilogy として、第二巻目になります。 面白いです。 因縁のあるランプが主題です。ビクトリア女王朝後期のロンドンが舞台…

諏訪内晶子 & ボリス・ベレゾフスキー リサイタル

アンコール : マスネ タイスの瞑想局 ウォーロック カプリオール組曲よりBasse-Dance ホイベルガー(クライスラー編)「オペラ舞踏会」より真夜中の鐘 クライスラー シンコペーション ドヴォルザーク(クライスラー編) 我が母の教えたまいし歌 大変いい演…

夢を焦がす炎

ジェイン・アン・クレンツ 著 夢を焦がす炎 原題は、”Fired Up" です。 Arcne Society シリーズの第七巻目です。 the Dreamlight Trilogy として、第一巻目になります。 面白いです。 因縁のあるランプが主題です。シアトルが、主としたる場面です。 裏表紙…

ハーゲン弦楽四重奏団

アンコール : Haydon 弦楽四重奏曲 第78番 変ロ長調 「日の出」Op76-4 第3楽章 メヌエット 大変すばらしい演奏会でした。これまでハーゲンSQをかなり聴いてきましたが、今日はこれまでで最高だったと思います。現時点で世界一のSQではないでしょうか。 ア…

ダイナマイト・レディ

ジェイン・アン・クレンツ 著 ダイナマイト・レディ 原題は、”Lady's Choice" です。 面白いです。 裏表紙より 『赤毛の美女「ジュリアーナ・グランド」はついに運命の人と出会った。 相手はコンサルタント会社を営む「トラヴィス・ソーヤー」。セクシーでど…

禁じられた秘薬を求めて

アマンダ・クイック 著 禁じられた秘薬を求めて 原題は、”The Perfect Poison" です。 Arcne Society シリーズの第六巻目です。 Arcne Society シリーズのヒストリカルでは、三巻目になります。 面白いです。 時代設定は、ビィクトリア女王朝後期です。 裏表…

楽園に響くソプラノ

ジェイン・アン・クレンツ 著 楽園に響くソプラノ 原題は、”Running Hot" です。 Arcne Society シリーズの第五巻目です。 大変面白いです。このシリーズはいいですね。 時代設定は、現代です。主な舞台はハワイ、マウイ島です。 裏表紙より 『超能力を研究…

オーロラ・ストーンに誘われて

アマンダ・クイック 著 オーロラ・ストーンに誘われて 原題は、”The Third Circle" です。 Arcne Society シリーズの第四巻目です。 大変面白いです。 時代設定は、ヴィクトリア女王朝後期です。 裏表紙より 『超能力を研究する組織「アーケイン・ソサエティ…

約束のルビーは闇に輝く

アマンダ・クイック 著 約束のルビーは闇に輝く 原題は、”Otherwise Engaged" です。 大変面白いです。 時代設定は、おそらくヴィクトリア女王朝後期です。 裏表紙より 『世界中を旅して、旅行記を発表している「アミティ・ドンカスター」は、イギリスへ帰る…

因果(百万石の留守居役ー9ー)

上田秀人 著 因果(百万石の留守居役ー9ー) 著者は、6か月ごとにこのシリーズを発刊しています。著者のシリーズの中では、本シリーズが一番面白いですが、どのシリーズも同じような展開です。 裏表紙より 『加賀藩主「前田綱紀」は参勤交代で金沢に戻る途…

アルディッティ弦楽四重奏団

サイモン・ラトルが書いています。 『アルディッティ弦楽四重奏団は20年も前から、日本で言うところの「人間国宝」であり、現代音楽での偉業は他を圧倒している。音楽好きなら彼らを聞き逃すことなどありえない。』 客席は空席が目立ちました。 私も、日頃…

消せない想い

ジェイン・アン・クレンツ 著 消せない想い 原題は、”Sizzle and Burn" です。 Arcne Society シリーズの第三巻目です。 大変面白いです。 時代設定は、現代です。携帯電話が出てきます。舞台はワシントン州です。 裏表紙より 『近隣の街を震えあがらせた連…

雇われた婚約者

アマンダ・クイック 著 雇われた婚約者 原題は、”The Paid Conpanion" です。面白いです。 裏表紙より 『19世紀前半、26歳の美女「エリノーラ・ロッジ」は、継父が投資に失敗したあげく急死したため、債権者に財産を奪われてしまった。 やむなくロンドンで職…

冬空に舞う堕天使

リサ・クレイパス 著 冬空に舞う堕天使 壁の花 四部作 Wallflower の第三巻目です。まずまずです。 原題は、”Devil in Winter" です。19世紀の英国が舞台です。 裏表紙より 『前作の終りで、「リリアン・ボウマン」を誘拐して結婚しようとした放蕩者で美貌の…

運命のオーラに包まれて

アマンダ・クイック 著 運命のオーラに包まれて 原題は、”Second Sight" です。 Arcane Society の第一巻目です。以前 ”許される嘘” を第一巻と書きましたが間違いです。邦訳の出たのが、 ”許される嘘” が最初でした。 大変面白いです。 時代設定は、ヴィク…

恋の香りは秋風にのって

リサ・クレイパス 著 ひそやかな初夏の夜の 壁の花 四部作 Wallflower の第二巻目です。大変面白いです。 原題は、”It Happend One Autumn" です。 前作の終了後2か月が経過している。 裏表紙より 『19世紀の英国。 アメリカ人新興実業家ボウマン家の長女…

ガラスの心

ジョーン・ジョンストン 著 ガラスの心 「ファルコン・ホワイトロー」は、その女性がダラスの中心部の込み合った歩道にいたにもかかわらず、すぐに彼女に目をとめた。彼女はファルコンの視線を引き付け、彼を魅了せずにはおかないなにかがあった。彼女のすぐ…

ひそやかな初夏の夜

リサ・クレイパス 著 ひそやかな初夏の夜 原題は、”Secret of A Summer Night" です。 特に、後半は面白いです。 ”Wallflower" 壁の花 シリーズの第一巻目です。夏から始まります。 裏表紙より 『19世紀半ばの英国。 「アナベル・ペイトン」は22歳。貴族…

薔薇のティアラをはずして

トレイシー・アン・ウォレン 著 薔薇のティアラをはずして 原題は、”Her Highness and the Highlander" です。 本書も、面白いです。 “The Princess BridesTrilogy" シリーズの第二巻目です。 時代は、1816年6月 スコットランド高地から始まります。第一巻の…

純白のドレスを脱ぐとき

トレイシー・アン・ウォレン 著 純白のドレスを脱ぐとき 原題は、”The Princess and the Peer" です。 本書は、面白いです。 “The Princess BridesTrilogy" シリーズの第一巻目です。 時代は、1815年9月 スコットランド高地から始まります。 裏表紙より 『 ”…

風のかたみ

葉室 麟 著 風のかたみ 本書は、面白いです。 表紙カバーの見返しより 『九州豊後・安見藩の女医である「桑山伊都子」は、目付方の「椎名吉左衛門」から藩重臣の佐野家一族の女たちを ”生かす” よう命じられる。 佐野家当主の「佐野了禅」と一族の男子は藩主…

ストーカー犯罪対策室 下

五十嵐貴久 著 ストーカー犯罪対策室 下 新品川署、ストーカー犯罪対策室=SCS に所属する「白井有梨」は二十九歳である。室長「大崎賢矢」、「加納政彦巡査長」、渡会則之巡査長、丘 真由巡査、田村明彦巡査の六人が正式班員である。 白井有梨、本人も「…

琥珀色の夢をあなたと

アン・グレイシー 著 琥珀色の夢をあなたと 原題は、”His Captive Lady" です。 本書は、面白いです。 “デビル・ライダーズ" シリーズの第二巻目です。 裏表紙より 『伯爵の血をひく男(庶子)「ハロルド(ハリー)・モラントは、長年の夢だった馬の飼育と交…

麗しのプリンセスとくちづけを

アン・グレイシー 著 麗しのプリンセスとくちづけを 原題は、”The Stolen Princess" です。 本書は、話の進行が遅くすこし退屈になります。 “デビル・ライダーズ" シリーズの第一巻目です。 裏表紙より 『ジンダリア公国のプリンセス「キャロライン(キャリ…

許される嘘

ジェイン・アン・クレンツ 著 許される嘘 原題は、”White Lies" です。 本書は、面白いです。 裏表紙より 『アリゾナ州が舞台。時代は現代。 十七世紀に錬金術師によって創設された超能力者たちの秘密組織「アーケイン・ソサエティ」。 そのメンバーである「…

回帰(警視庁強行犯係・樋口顕)

今野 敏 著 回帰(警視庁強行犯係・樋口顕) 警視庁刑事部捜査一課 殺人犯捜査第三係「樋口顕」は部下十三人の係長。 第二強行犯捜査担当の管理官「天童隆一」から電話があった。 都内、四谷、大学の門の近くで自動車の爆発が起こったという。 第三係、第二…

公爵家の相続人

ジョーン・ジョンストン 著 公爵家の相続人 原題は、”The Inheriyance" です。 本書は、面白いです。 裏表紙より 『公爵の夫が亡くなった「デイジー(マーガレット)・ウインダミア」は、屋敷や領地を管理するために苦戦していた。 そこに、新しく公爵になっ…

恋のかけひきにご用心

アリッサ・ジョンソン 著 恋のかけひきにご用心 原題は、”Nearly a Lady" です。 本書は、面白いです。 裏表紙より 『侯爵の兄から命を受け、「ギデオン・ハヴァーストン」はスコットランドに夜遅く到着する。父の亡き後、存在すら忘れられていた被後見人の…

空高き丘でくちづけを

ジュリアナ・グレイ 著 空高き丘でくちづけを 原題は、”A Lady Never Lies" です。 <The Affairs by Moonlight>のうちの第一冊目です。 本書も、面白かったですよ。 このシリーズは、第一巻目から読んだほうがいいです。 同じ舞台で、同時期に、並行して話…

星空のめぐり逢い

ジュリアナ・グレイ 著 星空のめぐり逢い 原題は、”A Gentlemqan Never Tells" です。 <The Affairs by Moonlight>のうちの第二冊目です。 本書は、面白かったですよ。 裏表紙より 『公爵家の次男「ローランド・ペンハロー卿」は、友人たちと滞在先の古城…

ハイランドの政略結婚

マヤ・バンクス 著 ハイランドの政略結婚 原題は、”Never Seduce a Scot" です。 Montgomerys & Armstrongs シリーズの第一巻目です。 裏表紙より 『13世紀後半、アレクサンダー二世の御世。スコットランドのハイランドが舞台です。 国王の命により、敵対す…

デュメイの Bach ヴァイオリン協奏曲

アンコール : ビゼー 「アルルの女」第1組曲 第3曲 『アダージェット』 Bach のヴァイオリン協奏曲を聴きに来ました。 Bach 2つのヴァイオリンのための協奏曲は、すごい名演奏でした。デュメイのヴァイオリンは当然として、内尾文香のヴァイオリンもとっ…

ナタリー・シュトゥッツマン コトラルト・リサイタル

アンコール : Schubert ”鱒” ”ロザムンデ” より ”ロマンス” ”野ばら” ナタリー・シュトゥッツマンはとってもうまいです。感動しました。 でも、この編成は蛇足だと思います。Schubet の歌曲は、ピアノ伴奏だけで十分です。弦楽四重奏を加えたことで原曲を上…

公爵令嬢の恋愛入門

キャロライン・リンデン 著 公爵令嬢の恋愛入門 原題は、”A Rake's Guide to Seductio" です。 The Reece Family Trilogy シリーズの第三冊目です。 裏表紙より 『19世紀、英国。公爵家の美しき令嬢「シーリア・リース」は、社交界にデビューするや多くの紳…

公爵代理の麗しき災難

キャロライン・リンデン 著 公爵代理の麗しき災難 原題は、”What A Rogue Desires" です。 面白かったです。 The Reece Family Trilogy シリーズの第二冊目です。 裏表紙より 『新婚旅行に出かける兄「マーカス・リース、エクセター公爵」から、留守の間の業…

放蕩貴族のプロポーズ

ジェシカ・ベンソン 著 放蕩貴族のプロポーズ 原題は、”Lord Stanhope's Proposal" です。 面白かったです。 ジェシカ・ベンソンのデビュー作。続く、”秘密の賭けは伯爵とともに” とは共通点が多く、リンクしているそうです。 裏表紙より 『従兄弟の悪趣味な…

関西フィル・スプリング・スペシアル・コンサート

二曲目の「第一番 ニ長調 D.384」が、「第二番 イ短調 D.385」に変更になりました。 やはり、デュメイのバイオリンはいいですね。とくに、この小さいホールで聴くのは最高です。 「鱒」ですが、この曲はベースが大切ですね。音程が少し「甘い」ように感じま…

ストーカー犯罪対策室 上

五十嵐貴久 著 ストーカー犯罪対策室 上 新品川署、ストーカー犯罪対策室=SCS に所属する「白井有梨」は二十九歳である。室長「大崎賢矢」、「加納政彦巡査長」、渡会則之巡査長、丘 真由巡査、田村明彦巡査の六人が正式班員である。 白井有梨、本人も「…

ためらいの誓いを公爵と

キャロライン・リンデン 著 ためらいの誓いを公爵と 原題は、”What AGentleman Wants" です。 大変面白かったです。 The Reece Family Trilogy シリーズの第一冊目です。 裏表紙より 『19世紀の英国。あと数週間のうちに住む家を失いそうな「ハンナ・プレス…

恋のかけひきは密やかに

カレン・ロバーツ 著 恋のかけひきは密やかに 原題は、”Scandalous" です。 本書は、面白かったですよ。 裏表紙より 『「ギャビー(ガブリエラ)・バニング」は昔から妹たちの親代わりをつとめてきたしっかり者。 妹「クレア」のロンドン社交界デビューを目…

はじめての恋は公爵と

ジュリアナ・グレイ 著 はじめての恋は公爵と 原題は、”A Duke Never Yields" です。 <The Affairs by Moonlight>のうちの第三冊目です。 本書は、面白かったですよ。 裏表紙より 『親を亡くし、姉の家に身を寄せている「アビゲイル・ヘアウッド」は、一生…

ウィーン・アカデニー管弦楽団

アンコール : Beethoven 交響曲第8番 へ長調 Op.93 第2楽章 この指揮者と楽団は、Beethven当時の響きを再現することを目指している。 Beethovenが使っていたウィーンの オリジナルの会場で、当時の楽器を使って再現をさせている。 いずみホールは Beethove…

初恋はせつなき調べ 上 下

ブレンダ・ジョイス 著 初恋はせつなき調べ 上 下 原題は、”The Perfect Bride" です。 <ド・ウォーレン一族の系譜 The De Warenne Dynasty>のうちの一冊です。 本書も面白かったです。 裏表紙より 『子爵令嬢の「ブランシュ・ハリントン」は、過去に「テ…

光に舞うは美しき薔薇

ブレンダ・ジョイス 著 光に舞うは美しき薔薇 原題は、”A Lady at Last" です。 <ド・ウォーレン一族の系譜 The De Warenne Dynasty>のうちの一冊です。 本書は面白かったです。 裏表紙より 『海賊の娘「アマンダ・カレ」はジャマイカ島で育ち、その自由奔…

仮面の伯爵とワルツを

ロン・シャロン 著 仮面の伯爵とワルツを 原題は、”Once a Rake" です。 裏表紙より 『19世紀ロンドン。子爵の妹である15歳の「イザベル(イジー)・ジェーン・オーブリー」は、兄の親友で一回り年上の「アシュビー伯、パリス・ニコラス・ランカスター」に思…

危険な子爵に愛していると言わせる方法

ジュリア・ロンドン 著 危険な子爵に愛していると言わせる方法 原題は、”The Dangers of Deceiving a Viscount" です。 裏表紙より 『数年前、貧しい生活から脱却するために「マダム・デュプリー」という架空の人物としてドレスを売り始めた伯爵令嬢「フィー…

夢に想うは愛しき君

ブレンダ・ジョイス 著 夢に想うは愛しき君 原題は、”The Stolen Bride" です。 <ド・ウォーレン一族の系譜>のうちの一冊です。 残念ながら、最後まで読めませんでした。展開的に面白くありませんでした。 訳者あとがきより 『十九世紀初頭のアイルランド…

仮面舞踏会はあさき夢

ブレンダ・ジョイス 著 仮面舞踏会はあさき夢 原題は、”The Masquerade" です。 訳者あとがきより 『十九世紀初頭のアイルランドを舞台に、アイルランド南部では最大の所領を持つ貴族、アデア伯爵家の五人の息子たちのロマンスを描いた<ド・ウォーレン一族…

院内刑事

濱 嘉之 著 院内刑事 「廣瀬知剛」は、川崎殿町病院リスクマネジメント担当顧問は四十五歳。 早稲田大学法学部を卒業して警視庁入庁後、主に警備公安畑を歩んできた。警部補時代には内閣官房内閣調査室で三年間勤務し、その後公安総務部で情報担当として警部…