読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50

植村 佳延 著 めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50

 

 大変参考になりました。これから投資をしようとしている人、投資信託を購入しようとしている人は特に。

  追い追い、内容を追記で書いてゆきます。

 

 

 

☆☆☆☆

===================================================================

===================================================================

 

 

 

 

活断層地震はどこまで予測できるか

遠田晋次 著 活断層地震はどこまで予測できるか

 

 難し本ですが、ゆっくりと読めば、素人が理解できる記述です。新書版のために、掲載されている写真の写りが悪くて、よく見えない事が残念です。

 筆者は、熊本地震の二度目の余震(後に本震)を予知し、記者に語ったそうですが、時期を示せなかったそうです。

 地震には、2種類あり、内陸地震直下型地震)と、海溝型地震です。それぞれの地震について詳細に記しています。前者は熊本地震であり、後者は東北地方太平洋地震です。

 以下の情報が役に立ちます。

地震ハザードステーション http://www.j-shins.bosai.go.jp  です。

 スタートJ-SHISボタンを押してマップを起動させてください。詳細な使い方が記されています。

 このマップで自宅を検索しましたが、真っ赤でした。活断層にも近く、且つ南海地震津波被害にも遇う所でした。

 

 

 

☆☆☆☆

===================================================================

===================================================================

 

 

 

あおなり道場始末

葉室 麟 著 あおなり道場始末

 

 これまでの葉室の小説とは違って、軽妙な青春物となっています。

 

 九州、豊後、坪内藩の城下町に神妙活殺流の道場があつた。道場主は「青鳴一兵衛」といったが、去年の五月に亡くなり、まもなく一周忌を迎える。

 道場は長男の青鳴権平が継いだが、年がまだ二十歳と若く、しかも眉が糸のように細い目で鼻も低い下膨れの顔は青黒い。背も低く、日ごろ、ぼんやりとしてーーーーーー

 

 

 

☆☆☆

===================================================================

===================================================================

 

 

 

 

町奉行内与力奮闘記(3)ー権益の浸ー

上田秀人 著 町奉行内与力奮闘記(3)ー権益の浸ー

 

 相変わらず、一度出てきた事を何度も繰り返し書く所はありますが、まずまず面白いです。電子版で購入。一つ前の巻から連続して読む。

 

 「曲淵甲斐守景漸」の内与力「城見 享」は、吉原から連絡を受け、富くじ一千両当選者殺しの犯人を隠密廻り同心「早坂甚左」とともに捕える。その帰路で、寺社奉行配下で小検使の「江坂」と「伊藤」に襲われるが退ける。しかし、早坂は二人を逃がしてやる。

 奉行の曲淵甲斐守は、これを聞き早坂の独断(寺社奉行家臣の二人を見逃し、寺社奉行に恩を売った)を叱り、左遷してしまう。

 一方、城見の後を追って、大坂から出てきている大坂西町奉行所同心「西二之介」の娘「咲江」は、母方の大叔父「播磨屋伊右衛門」宅に寄宿していた。------

 

 

 

☆☆☆

===================================================================

===================================================================

 

 

 

呪詛の文(御広敷用人大奥記録-11-)

上田秀人 著 呪詛の文(御広敷用人大奥記録-11-)

 

 半年ごとに刊行される、著者の文庫本作品シリーズのなかで、『広敷用人大奥記録』シリーズは、『百万石の留守居役』シリーズの次にくる作品です。『広敷用人大奥記録』シリーズの主人公「水城聡四郎」は『勘定吟味役異聞』シリーズからの主役です。

 しかし例によって繰り返し書かれたことが多いです。

 

 八代将軍「吉宗」の世子「長福丸」が毒を盛られて倒れる。吉宗の命を受けて西の丸へ赴く聡四郎は「天英院」の仕業と気付く。一方、「竹姫」が長福丸の病気癒祈願で寺社を参詣することになった。聡四郎は、この警護を差配する。-----

 

 

 

 

✰✰✰

==================================================================

==================================================================

 

 

 

薔薇色の誓いと愛を胸に(ローズ・ハンター・トリロジー -3-)

コニー・ブロックウェイ 著 薔薇色の誓いと愛を胸に(ローズ・ハンター・トロジー -3-)

 

 この巻は最後まで読めませんでした。本作は、単調です。物語の起伏に乏しい。話が展開しないです。結末が見えているのになかなか終わりません。

 原題は、My Surrender です。

 本書は『ローズ・ハンター・トリロジー・シリーズの第三作目です。

 

  19世紀初頭の英国。地方貴族ナッシュ家の末娘、シャーロット(ロッティ)・ナッシュ」は、恥知らずのおてんばで移り気な娘という評判が立っていた。でもシャーロットは、何の目的もなく生きていくだけの人生は送りたくないと考えていた。

 そんな時父親が犠牲となったおかげで、重要な任務が継続されているを知った。そしてその手伝いをする。-----

 

 

  

==================================================================

==================================================================

 

 

 

参勤 (百万石の留守居役-8-)

上田秀人 著 参勤 (百万石の留守居役-8-)

 

 半年ごとに刊行される、著者の文庫本作品シリーズのなかで、『百万石の留守居役』シリーズは最も良い物でしょう。しかし例によって繰り返し書かれたことが多いです。

 半年ごとなので、いつも前の巻と新しい巻を続けて読んでいます。結構、前の巻の内容を忘れています。記憶力が悪くなっています。

 

 加賀藩では、藩主「綱紀」のお国入りの用意が始まっている。国許では新米留守居役「瀬能数馬」の許婚「琴」が襲撃される。数馬は参勤交代の道中の交渉役を任される。いよいよ金沢への行列が動き出す。-----

 

 

 

 

✰✰✰✰

==================================================================

==================================================================